スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
処分したもの (洗面台収納の中身)
2011/01/31(Mon)
先日、書店に行ったら「断捨離」関連の本がたくさんあって驚きました。
私は読んだことがありませんが類似本がたくさん出てるんですね~

かくいう私もブログを始めるまでは捨てられない女でした。

でもお部屋の掃除や整理整頓を意識しだしてから
わりと潔く処分できるようになってきた気がします。

以前は「まだ使える(かも)、いつか使う(かも)」と思うと
無下に物を捨てることができませんでした。

でも「まだ使える、いつか使う」ものをため込んでいては
なかなか家の中は片付きません。



というわけで私が物を処分をする時の目安は


「いま現在、使っているか」
「使う予定(具体的な時期)があるか」

の2点に限ります。


「まだ使える」や「いつか使うは」一切なし!

なくなって困るもの以外は極力処分します。



というわけでこの日は
洗面台にある収納(三面鏡の裏と引き出し)の整理をしました。


1年前にも整理したような気がするのですが、
それでも新たにこんなにたくさんの不要品が出てきました。
2011-01-05+12_18_08_convert_20110121140433.jpg
(鏡に映って倍増して見えますね ^^;)


化粧品や各種ケア製品は
買ったはいいが使用感が気に入らなかったり新商品に心移りしたりで、
使いかけのまま放置されているものが多数。

「まだ使える」けど、この手のものは気分がノらないと結局「使わない」ので
もったいないけどすべて処分します。

試供品のたぐいは即使うもの以外、捨て!


娘が保育園時代にお世話になっていた「しらみ除去シャンプー」の買い置きも捨て!

2000円近くするものなので「一応」取っておいたのですが、
小学生になって園での集団お昼寝がなくなったせいか
シラミは出なくなりました。

万が一発症したら買い直すまで!



現在使っていないもの、差し迫って使う予定のないものは全部捨て!

<before>                                  <after>
2011-01-05+11_52_41_convert_20110121145835.jpg   2011-01-05+12_18_38_convert_20110121150206.jpg

<before>                                  <after>
2011-01-05+11_52_14_convert_20110121145812.jpg   2011-01-05+12_18_22_convert_20110121150018.jpg


<before>                                  <after>
2011-01-05+11_52_54_convert_20110121145903.jpg   2011-01-05+12_18_51_convert_20110121150139.jpg


<before>                                  <after>
2011-01-05+11_53_17_convert_20110121145931.jpg   2011-01-05+12_19_05_convert_20110121150242.jpg



before / afterは、写真ではあまり変化ありませんね。

でも不要なものがなくなったので、見通しがよくなりました。


収納場所があるからと不要なものまでため込んでいると雑然として
自分が何を持っているか把握できなくなってしまいます。

すると「必要だと思って買ってきのに、実は買い置きがあった」
なんて無駄買いの原因に。

洗面台のように細々したものがある場所ほど、
定期的に不要品の洗い出しをしたいところです。


↓ランキングに参加しています。応援クリックをいただけると励みになります!
ランキング
この記事のURL | 浴室・洗面所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<食器の収納 | メイン | シュレッダー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kireizukitoyobaretai.blog60.fc2.com/tb.php/179-d4969261

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。