スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クロゼット
2008/11/25(Tue)
連休中、娘と一緒に子供部屋のクロゼットを整理しました。

これでも一応<after>画像です。(^^;
(before画像は間違って削除してしまいました・・・)

クロゼット





下半分のオモチャ類を整理したのですが、とにかく物が多い!

私たち夫婦が娘にオモチャを買い与えることはほとんどないのですが、
おじいちゃん&おばあちゃん、知人、友人、サンタクロースからもらったものがたくさん!

それ以外にもお店で食事をすればオマケをもらうし、飛行機に乗ればオモチャが配られ、
お祭りへ行けば何か買わないわけにもいかず・・・ 細々したオモチャが増える一方です。


こうした細かいオモチャは下段にある無印の収納ケースにまとめていれてあります。

収納ケースの中は空き箱やプラスチックカゴなどで適当に仕切りをして、
ボール類(ボール、スーパーボール、風船、ヨーヨーなど)
マスコット類(小さい人形やストラップなど)
というように種類別に分類しています。

クロゼットの中が散らかり始めたら容量オーバーの証拠なので、
仕切りごとに見直して娘に処分するオモチャを決めさせています。

ただ「いらないオモチャ、捨てるオモチャを選びなさい」と言っても
「あれもこれも使う。ぜんぶ宝もの!」と言うに決まっていますので
仕切りごとにオモチャを全部出して

「一番大切なオモチャから順番にカゴに戻しなさい。
下のオモチャが隠れるほど入れたらダメよ。
カゴに何が入っているか全部見えるように入れてね。
入りきらない分は捨てるのよ」

こう言って自分で取捨選択させます。

子供なりに悩んで考えて選別し、整理整頓が終わった後は晴れ晴れとした顔をしていました。

お片付けは習慣だと思うので、今のうちにきちんとしつけないといけないと痛感しています。

私のように大人になってから苦労しないように、
今のうちからお片付け上手な子供になってほしいものです。


↓ランキングに参加しています。応援クリックをただけると励みになります!
ランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 子供部屋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
布団圧縮
2008/08/18(Mon)
天気がいいので、クローゼットの天袋に押し込んである布団を圧縮しました。

寝室のクローゼットはパンパン。
IMGP2420.jpg


子供部屋のクローゼットもギュウギュウ。
IMGP2419.jpg


今まで布団圧縮袋を2枚使ってかさばる羽毛布団だけ圧縮していました。
(それも時間がたって空気が入り膨らみはじめてます)

今回はもう5枚新調して、布団を全部圧縮することに。



全部袋に入れます。

           寝室の分                         子供部屋の分
IMGP2422.jpg  IMGP2421.jpg


そして圧縮。

IMGP2423.jpg   IMGP2428.jpg



最近の圧縮袋は空気を吸い込むところが「バルブ式」になっていて吸引が楽なんですね。

うちにある古い袋は普通にジッパーがついてるだけ。
ジッパーを少し開いて掃除機のノズルを差し込み吸引するのですが、
布団や袋を一緒に吸い込んでしまい、毎回ムキーーッ!(;`O´)ノとなってました。

バルブ式ならその心配がいらず、楽に吸引圧縮できて大助かり。

今度、古い袋はバルブ式に買い換えよーっと!




圧縮した布団を天袋に戻します。

IMGP2429.jpg

ノーーーーーッ!Σ(>д<)

圧縮して押しつぶされたせいで布団の幅が広がり、扉にひっかかってしまいました。



小さくたたんで、圧縮し直し。



今度はスッキリおさまりました。
 
子供部屋 before       →                    after
IMGP2419.jpg       IMGP2430.jpg




寝室  before           →                  after
IMGP2420.jpg        IMGP2426.jpg




ギュウギュウ&パンパンだった天袋に隙間ができました!

片付けの極意、7割収納を達成。

あとは詰め込み魔の夫が、これ以上物を詰め込まないように見張るのみです。


↓押していただけると励みになります!
ランキング

この記事のURL | 子供部屋 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。